第57回松稜祭テーマ

湘南の風〜松稜祭は砕けない〜

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、一般の来場は現状できない予定です。その中で、学生が楽しむことができる企画、コロナの影響で、学生団体に入れていなかった学生が団体に所属することができるきっかけとなるように様々な企画を用意しています。また、日頃ひとり暮らしをしていて、学生と保護者が会えていない状況もあることから、保護者が学生の学校での様子を見ることができるように、動画もしくは配信で伝えることができればと考えています。
 第57回松稜祭の企画の内容としては、有名人を学内会場にお呼びしてのライブやトークショー、学生ならば誰でも参加できる宝くじ抽選会を目玉企画として、学生団体・研究室がその活動を紹介する展示・体験ブースの設置、カラオケ大会、ゲーム大会などを企画しております。

実行委員長挨拶

 みなさんこんにちは。第57回松稜祭実行委員長の左右田和樹です。今年も、多くの関係者の皆様の協力によって第57回松稜祭を開催する運びとなりました。
 松稜祭実行委員会では、今日のために昨年度の松稜祭終了後から、企画や運営、準備に取り組んできました。新型コロナウイルスの感染拡大により企画の提案や参加団体の募集が遅れ、ひやひやしたこともありましたが、本当にこれから始まる全てのイベントが楽しみです。
 今回の松稜祭のテーマは「湘南の風〜松稜祭は砕けない〜」です。今年の松稜祭実行委員会は新型コロナによって活動が制限された影響で、人員が潤沢とはいえません。それは他の団体も同様と聞いております。松稜祭の運営のために団結して準備して参りました。そういった信念を湘南の風に乗せて皆様の元へ届けることができればよいなと考えております。
 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、学生のみ対面で、一般の方はオンラインでの参加となってしまいましたが、対面でもオンラインでも松稜祭の参加者であることには変わりありません。ご来場いただいたすべての皆さんが松稜祭の参加者です。
 2日間の松稜祭を十分に楽しんでください!!

第57回松稜祭実行委員会 実行委員長 左右田 和樹

学長からのメッセージ

 第57回松稜祭の開催おめでとうございます。今回のテーマは「湘南の風~松稜祭は砕けない~」だと伺っています。昨年初めから新型コロナウイルス感染症の感染拡大のため、昨年度は従来の全面対面型で開催できず、初めてオンラインで開催となりました。
 本年度は感染拡大に十分留意しつつ、久しぶりに一部対面で開催されることになります。開催に向け、学生の皆さんは創意工夫を凝らしています。テーマ通り、コロナ禍の逆境に打ち勝つ~砕けない~松稜祭の開催を期待しております。

湘南工科大学 学長 渡辺 重佳

学生部長からのメッセージ

 7月から8月にかけての新型コロナ感染者急拡大の影響で、今年の開催が危ぶまれていましたが、いろいろな問題を乗り越え、昨年度の開催に引き続き、本学伝統の第57回松稜祭が無事開催の運びになりましたこと、誠におめでとうございます。
 地域の方々との交流の場にもなっていた松稜祭が以前のように開催できないことは、大変残念でなりませんが、周辺大学が軒並みオンラインのみの大学祭に切り替えたり中止の判断をしているなかで、本学学生限定とはいえ、様々な工夫をしながら、学内での対面イベントが実現できたことには、皆さんの努力と周りの方々のご支援に深く感謝申し上げます。本学では、職域接種により早い時期からワクチン接種が進み、多数の関係者がワクチン2回接種済みであることも功を奏しているように思います。さすが、湘南工大と大変誇らしく感じています。
  ただ、いろいろな検討の途中で、様々な制限や制約が加わり、さぞ、計画しにくかったと思います。しかし、いろいろな創意工夫から、一つ一つの制限をクリアし、イベント開催にこぎつけたことは、皆さんの大きな自信になると思います。松稜祭実行委員会の皆さん、自治会の皆さん、関係団体の皆さん、そして、学生たちの打ち合わせにしっかり寄り添いながらサポートしていただいた森井先生に深く感謝いたします。
 コロナ禍でも無事開催実行した完全オンラインの昨年の松稜祭をさらにパワーアップした今年の松稜祭の成功を祈っています。最後まで「さすが湘南工大生」といわれる節度ある行動を期待します。この経験を是非とも将来の飛躍につなげていただくよう期待しています。

湘南工科大学 学生部長 高橋 宏